幸せに泣く

完結

[作品説明]

高三の夏休みの夕暮れ。
今日から彼とつきあい始めて、バス停まで見送られながら、瞬間身を翻した「帰りたくない・・・」

その夕方を彼の部屋で過ごしている最中、彼もまた「帰さないからな・・・」

二人の夜が更けてゆく・・・。

[タグ]

切ない】 【短編】 【純愛

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ