極道神社

連載中

[作品説明]

若手のヤクザ、殿石錬次(でんいしれんじ)は背中に刺青を入れるため、国宝級の腕を持つ彫り師を訪ねる。

だが、彫り師はかなりの高齢のため、錬次の背中に彫るのを最後の作品とし、この時のために残しておいた、特別の墨を使い、無料で命をかけて彫るという。

だが、出来上がった刺青にはとんでもない力が宿ってしまった。



※小説にある、タブーや常識全無視、かなり無茶苦茶にする予定です。ギャグのためなら、とことんぶっ壊します。

[タグ]

893】 【】 【無茶苦茶

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ