悠久なるRIN-NE

連載中

[作品説明]



親子ほど年の離れた、旦那様と姉


年だけじゃない、身分さえも差のあるふたりの出逢いと関係は────





「は 初めましてっ
わたしはり リンと申します…っ」



「…怯えないでおくれ。
私は君を恐がらせたくて来たのではないよ」









※コチラは、前作"この後は、ご主人様とえっちなお時間"に出てくる理央くんの両親と西原の番外編です!

主人公のふたりは出てこないので、こちらから読まれても大丈夫かと思いますー(^^)

[タグ]

風俗】 【年の差】 【切ない

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ