それを、口にすれば

完結

[作品説明]




自分らしく笑うこと……

それを忘れたのはいつからだろう。

思い描いていたような〝妻〟にも、〝母親〟にもなれない。

そんな日々の中

突然目の前に現れ、私を〝女〟にしてくれたのは

貴方だった……





※作中にはSM的描写やハードなシーンが含まれます
あとがきはこちら
http://otona-novel.jp/viewstory/page/25973/27/?guid=ON

[タグ]

夫婦生活】 【陵辱

[レビュー]

  • [評価] ★★★★★

    非表示中

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ