真夜中のヴァンパイア キス ~続きはベッドで先生と甘く、熱く

連載中

[作品説明]




うちの病院には、黒髪の似合う耽美なドクターがいる



「怪我したの?
見せてごらん」


「大丈夫、痛くない。
ほら、おまじないしてあげるよ」




優しくって、腕利きの先生



なんだけど──────





「君の血を見たら、我慢できなくなってね」


「…………先生?
それって………」


「身体を、楽にして。
僕に委ねてごらん──────…」






         彼
         に
       “ は
       秘 、
       密 誰
       ” に
       が も
       あ 言
       る え
       の な
         い





「やっ、先生ぇ。
ダメ………もっと////」






[タグ]

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ