性感出張ホスト『続きは私の新作の『僕が旅をしている理由』にて

完結

[作品説明]


今… 私は最初の性感マッサージ依頼客の女性を駅の改札口で待ってる…

ようやく この日を迎えた
ここまで実に長く険しい道のりだった

いま… 私はエロいこともできて、そのうえカネにもなる期待に胸(と股間)を膨らませている


女性向け性感マッサージを自分で始めて、初めての お客を、いま **駅の改札口で待っている…


ちなみに ストレートに『性感マッサージ』とは書いたけど

実際の依頼内容は『一晩、添い寝して、ギュッってしてくれませんか?』というものだった


無論、私もバカじゃないから、その内容の裏に隠れる依頼女性の

『アタシを、めちゃくちゃに犯して、虐めて最後はアタシの中へ思いっきりちょうだい…』

その本心はハッキリ読み取ってるつもりだ


鬼畜な私は『添い寝して、ギュッってして…』などというカモフラージュ文句は すぐに取っ払い、

これから依頼女性の お望み通り**して辱しめまくるつもりでいる

無論 そのままで着けずに最後は彼女の…


~ ~ ~ ~ ~ ~ ~ ~


…と そんな表面上は優しい性感マッサージ師の仮面を被った鬼畜な私が今、駅に立って、獲物を待ってる


また 私は性感マッサージのホームページに露骨に『性感マッサージをします』と

[タグ]

イケメン】 【調教】 【純愛

[レビュー]

    この作品のレビューはまだありません。

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ