あの星には届かない

連載中

[作品説明]


三十光年先の宇宙に、地球とよく似た惑星が発見された――。


「もっともっと遠くに行きたくなって。どこに行けば楽になるのかなあって。人間は本当に欲深いですね」
――傷つけられた過去を持ちながらも、現在を誠実に生きる慧子。

「今だけは、夢を見ていて。どこか遠くにいる夢。どこへでも連れていってあげるから」
――未来を求めるが故、目的を果たす為には手段を選ばない紗恵。

彼女達に関わる二人の男
――現実主義の宗介、理想主義の義巳。


“彼ら”はその心に何を抱え、何を求めているのか。
とある小さな町で繰り広げられる、時空を超えた人間ドラマ。



性描写を含みます。
この物語はフィクションです。

[タグ]

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ