れい☆さんのレビュー一覧

  • [評価] ★★★★★

    ── あなたと萌さんは愛し合っている。
    それでいいんだと、思います。

    長い旅のような語りが灰谷氏自身を頑なな正義感から解き放ち、萌と柊の命がけの愛に光をそそいだ…
    そんな印象を持ちました

    結んだ唇と肩を震わせる柊
    その背に手を添える和虎の目は涙を湛えてるかもしれない
    語り終えた灰谷氏の口許は優しい笑み…
    そんな三人を空に描き、新たに星が繋がった瞬間を見届けた思いで胸がいっぱいです
    萌も柊も決して不幸にはならない、苛酷な内容でありながらそんな希望を抱く章の締め括りに物語の紡ぎ手であるしののめ様の愛を感じました

    4日間の禁兄祭り
    とてもとても幸せな時間でした♪
    ありがとうございました!
  • [評価] ★★★★★

    想いがこめられた言葉にはなんと大きな力があることか…

    正義を通すことに目を伏せ、ひたすら萌の願いを叶えようと灰谷氏が自分を抑え続けたのも萌の言葉があってこそ
    たとえ憎しみをいだく柊を守ることに繋がるとしても…

    今改めて本人の語る想いに触れ、萌に対する愚直なまでの誠実な愛に胸がいっぱいになります

    同時にコンシェルジュの灰谷氏が二人の運命に影を落とす敵役を経て、萌の守護者ともなり物語のキーパーソンとして今ここにいる…
    禁兄を読む醍醐味がここにもあると感嘆するばかりです!

    手紙の件を思い出しました
    灰谷氏の心情に触れています
    さあ、次は…

    三日め
    更新ありがとうございます!
    また明日♪
  • [評価] ★★★★★

    ひとり語りは悪夢を台詞のないモノクロームの映像のように甦らせます
    柊はどんな思いで聞いているのでしょう…
    その表情は、蒼白な顔に噛み締めた唇だけが赤いのでしょうか…
    胸が締め付けられる思いで読んでいます

    そして灰谷氏は、最も惨い状態を、事実を語ることに終始しようと努めているかのように見られます
    けれど、だからこそ、吹き出す割れ目を探すマグマのような熱を感じるのです

    皮肉にも灰谷氏が萌と柊の結び付きを思い知らされることになった夜
    「柊が傷つく」
    萌の叫びが甦り胸を離れません

    二日め
    更新ありがとうございます!
    また明日…♪
  • [評価] ★★★★★

    ── もう知ってる…

    灰谷氏の呼びかけに答える柊の声が聞こえたような気がしました

    柊が衝撃を受けた萌の画像の真実
    その核心が語られる中、この真実は萌と柊をどこへ連れ去ってしまうのか
    今更ながら身震いが起きる思いです

    それにしても灰谷氏の嗅覚或いは熱情、冷静、理知…この章が伝えるものは彼の魅力でもあるのですね
    しののめ様の想いの強さも併せて胸に響いてきます

    記憶のピースを繋げながら湧き上がる新たな驚きや悲しみ
    けれど、そうして出来上がった絵はきっと柊や萌の歩く新たな道を示してくれるはずと信じ、これからの4日間で語られる灰谷氏の言葉に耳を澄ませたいと思います

    更新ありがとうございます!
  • [評価] ★★★★★

    なぞる記憶の中に灰谷氏の語る光景が重なり胸をかきむしります

    夜の中、何かを振り払うように走る萌と追う灰谷氏
    二人だけのはずがもうひとり、すべてを見通し計算し尽くした修斗が爪を研ぎながら背後に隠れていたとは

    今更ながら、駆け出す萌の背中へかけた柊の、危ないから、という言葉が予言じみて甦るのです

    病院のほの暗いエントランスで、伏し目がちな和虎が背中にあてた手をそのままに蒼白な顔の柊と、ひたと目を離さず語り続ける灰谷氏
    その手はきつく握られているだろうか、時に唇を噛んでいるに違いない
    そんな絵を思い浮かべ読んでいます…

    更新ありがとうございます!
  • [評価] ★★★★★

    寡黙な男のひとり語りが悪夢の夜にメスを入れようとしている今、読み手もまたひとつの覚悟を迫られている
    そう思わずにはいられないほどの張りつめた空気
    柊の、和虎の、色を失った顔が浮かびます

    そう、あの時灰谷氏が萌に声をかけていれば…
    さらに遡り、あの時柊が気が付いていれば…
    あの時由奈が柊と…
    幾つもの『あの時』に思いがいたります

    由奈の電話ですべてのピースが繋がり突き付けられる真実と灰谷氏の語る真実が柊の心に何を映すのか
    柊は耐えられるのか

    今は動悸を抑え灰谷氏の言葉に耳を傾けるばかりです
    苦悩と後悔にシンクロしながら

    更新ありがとうございます
    萌は、どうしているのでしょう…
  • [評価] ★★★★★

    知りたい一心で灰谷氏を責め立てる柊
    萌の心情に寄り添い苦悩の内に拒む灰谷氏
    緊迫したやり取りに胸がしめつけられます

    そんな中、灰谷氏の手に重ねられた萌の手を思い出しました
    あの打ち明け話のひと時が灰谷氏を騎士に変えたのだと
    そして「柊が傷つく」の一言で萌の愛の深さを思い知ったであろうことも

    知らぬ振りをすることを約束しろと強いながら灰谷氏の心は涙を流しているように思え、それが柊の胸に響いた…のでしょうか

    萌は頼らなかったのではない、頼ることで起きる悲劇を恐れたのだと理解した柊が事実を知った時、俯くのか顔を上げるのか…
    ハラハラが止まりません

    更新ありがとうございました!
  • [評価] ★★★★★

    もしも神様が
    望むところまで時を戻してやろう、と言ったなら柊は何と答えるだろう
    そんなことを考えました
    柊の絶望と怒りの叫び声を聞いた後…


    読み手の記憶を呼び覚ますようなおぞましい写真の描写
    それに呼応する柊の渦巻く感情描写
    さらに甦る記憶と言葉
    それらが柊の怒りだけではない感情を炙り出し、結果向けた矛先が灰谷氏だった…
    柊の心の中が鮮やかに描かれ、その場にいるような臨場感に息をのみました!

    図星をさした形の灰谷氏の言葉と和虎の配慮で柊はどうするのか、激流のほんの始まりなのに足がすくむ思いです

    更新ありがとうございます!
    途中で切った和虎の携帯の向こうにいる由奈を思い出していました…
  • [評価] ★★★★★

    自ら切った通話
    修斗を失った瞬間…

    由奈、修斗、そして由奈の運命を握る人
    今回薄闇に流れる三人の声に色の違いをまず感じました
    それは三人の立場の違いを浮き彫りにし、由奈の絶望を際立たせるのです
    モエが傷付けられることで傷付く柊
    それを助けられなかった無力感と自責の念
    まさに由奈にとってのすべての終焉…

    「いやいい。もう縁のない奴らと話す必要はないだろう」
    あの人の言葉が殊更無情に響きます

    そして打ちのめされた由奈に心を残しながら、次章柊sideへと逸る気持ちは禁兄ドラマチックの山場が訪れる予感と重なるのです

    更新ありがとうございます!
    久しぶりの修斗の声は修斗そのものでした…
  • [評価] ★★★★★

    携帯から洩れる声に
    空気が青ざめ 身震いする
    すべては遅すぎたのだろうか…


    結果として和虎にかけたことは正解だった
    そう思ったのも束の間、起きた騒ぎに由奈と一緒に息をのみました

    携帯を使って離れたふたつの場面を繋ぎ、和虎の疑問を解消して、畳み掛けるように柊と灰谷氏の争いが起きる
    この多次元の展開のスピードと緊迫感
    唸るばかりです

    しばしおいてけぼりの由奈は焦れることでしょう
    けれど事の全容を知った時どうするのか

    あちらとこちら、事態はどう動くのかますます目が離せません
    彼らの抱いた祈りは届くものでしょうか

    更新ありがとうございます!
    あの写真が波紋を広げた…ああ…
TOPTOPへ