秋葉原の犯罪〜メイドはステージで推理する〜

完結

[作品説明]

オタクの聖地、東京秋葉原。

未だ残暑の厳しいある初秋の晩、ライブハウス・ボレロでは地下アイドルグループのライブが行われていた。

午後八時、ライブは中盤を迎えていた。
衣装替えのため、控室に戻ったメンバーが見たものは……?

G.K.チェスタトン作、ブラウン神父シリーズの『見えない男』に想を得た密室トリックに、現代ならではのアレンジを加えました。

さて、犯人は何故誰からも見えなかったのでしょうか?

[タグ]

秋葉原】 【メイド】 【密室

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ