掲示板

【リレー小説】ルイーダの酒場 3


《ドラクエの世界でみんなで冒険しよう!》


ドラクエの世界観でオリジナル二次創作をリレー小説で書いてみませんか?
ドラクエの世界観なら、どんな物語でもOKです。
ただしドラクエの世界を楽しむためにも脱線しすぎにはご注意ください。


《ルール》
*ドラクエ好きなら、誰でも参加OK
*初めましてなどの挨拶はなし
*基本は三人称(場合によっては一人称もあり)
*前の人の文章を読んで話を繋げる
*順番は決まってないので、被った場合は先に書いた人の文章を優先する。またはうまいこと繋げる。


【登場人物】
ムト(盗賊→勇者)
パーム(マジシャン→魔法戦士)
レミファ(遊び人→賢者)
イワハシ(商人→武闘家)
カズマ(忍者)

ヤス(魔物系YouTuber)
ヒロ(魔物系YouTuber)
サチ(ヤスの妻、ヒロの母)

トロル(テヘペロ)
はぐれ爆弾メタル岩(クランチ)
キメラ(つばさ)
ベビーパンサー(はやて)

カネミツ(ダーマ神殿の大神官)
トムじいさん(ピチピチギャル)


http://otona-novel.jp/viewstory/index/37171/?guid=ON

65

「のうわぁーーっ!!」

「いやーん、呪文唱えちゃったよぉーっ!!」

「うがうがぁー!?
(オイラ達、どこへ行っちゃうんだぁー!?)」

「え、ちょっと待って、
 なんで私達とばされてるのぉー!?」


せっかく山のふもとまで来たのに。

四人が飛ばされた先は、

なんと――


66
 ――山の頂上にある、魔物の城の目の前だった。

「何でだ!? ルーラって、一度来た場所にしか行けないハズだぞ。それなのに、何で行ったことのない魔物の城に!?」

 わけワカメなムトがパニクると、テヘペロが申し訳なさそうにして口を開いた。


「うがうが、うがうがうが……」
(実はオイラ、あの洞窟(ムト達が一番最初に行った洞窟)に配属される前、ここの城の魔物だったんだ。でもオイラ、失敗ばかりで……。それで、上司からあの洞窟への出向を命じられたんだ。
 ずっと黙っててゴメンじょー。恥ずかしくて、知らないふりをしていて。ちなみに、ふもとで戦ったトロル二体は、たぶん新入社員だじょ)


 ……というわけらしい。


67

「そうだったんだぁ。テヘペロが居たことがあったから、ルーラで行けちゃったんだね。テヘペロ、そんな悄気ないで。テヘペロのおかげで、登る手間が省けたんだから、良かったよ!」

「うがうがぁ~(レミファぁ~)」


 お気楽に喜ぶレミファに、テヘペロは涙する。けど、ムトは怒りを露にした。


「良くねぇよ! 登ってる途中でレアお宝があったかもなのに!」

「まぁまぁムト。お宝は、王様を救ってからゆっくり探していこうよ」

「……何がなんだか知らないけれど、つまりここに王様がいるってことね」


 この世界に現れてからずーっとわけワカメだった光邦も、今置かれている状況を、だいぶ受け入れられるようになった。


68
「たくっ……いきなりここまで来ちまうなんて。まぁ、レベルは十分に上げておいたからいいけど。せめて、体力全回復と、ここまでの記録をしておきたかったな」


 ムトがぼやきながら何気なく周りを見渡すと、
 城の入り口の隅の方に、何故か神父が立っていた。


「なんだ、あの神父は。城から逃げてきた囚われ者か何かか?」


 とりあえず話しかけてみた。すると――


「おおっ! この城からは禍々しい邪気を感じます! 私はここから先は行くことが出来ませんが、せめて皆様のお役に立てましょう。
 勇敢な者達に、光あれ!」

「え、え? うわっ!」


 なんと、ムト達の体力が回復した!


「これまでの旅を、冒険の書に記録しますか?」

「あ、はい」


 神父は淡々と、体力全回復と、旅の記録までしてくれた。


「俺、時々思う。たった一人で、こんな危険なとこにいるこういう人こそ、最強なんじゃないかと」

「うん、レミファもそう思う」

「うがうが(確かに)」

「それに……この神父もいい男ねぇ~」

 危険を察知したムト達は、すぐさま光邦を神父から引き離し、とっとと城の中へと入っていった。
69 暗黒に包まれた城の中は、道が3方向に分かれ、どの先にも不気味なモンスターの気配が立ちこめていた。

「ねぇ、テヘペロ。王様のいる場所、わかりそう?」

「うが(ちょっと待ってね)」

レミファに尋ねられたテヘペロは、うがうがと鼻を鳴らしてみた。
そして、左の道を指さした。

「うが(たぶん、こっち)」

「すごーい、テヘペロ」

レミファにほめられたテヘペロは、照れ照れと喜んだ。

「うがうがうーが♪(オイラ、方向音痴2級なんだ。だから、自分の信じる方の逆を行けば正解なんだじょ)」

「よし」

納得して歩きだすムトの肩を、光邦はワシッとつかんだ。

「よし。じゃないでしょ?
今の会話、よくわからなかったけど、どこかおかしくなかった?」

「大丈夫だって。俺は、テヘペロを信じる」

「うが~(ムト~)」

「仕方ないわね」

左の道を少し行くと、扉にぶち当たった。

がしかし、扉には鍵がかかっている!
持っている鍵では、開けられなかった。
70 「残念。鍵をさがそう」

すぐさま諦めようとするムトに光邦は驚いて、口を開いた。

「この扉、木でできてるっぽいから、ちょっと蹴り入れたら壊せるんじゃないの?」

光邦の言うとおり、腐りかけてモロモロしている木製の扉は、勇者でなくとも簡単に破れそうだった。

「そっ、そんな粗っぽいこと、できるわけねぇだろ」

ムトは慌てて光邦の提案を拒み、扉に背を向ける。

「私、あなたたちが民家でタンスを開けたりツボを割ったりしてるの目撃してるけど……」

「あれはいいんだ!」

スタスタと歩きだすムトの背中を見つめ、光邦は頭を軽く振った。

「なにが常識で、なにが非常識なのか、わからなくなってきたわ」

腑に落ちないながらも、ムトたちについて歩く光邦。
が、突然、なにかを感じとって小さく叫んだ。

「あうっ!」

「どうした?」

不思議に思ったムトたちが、光邦に注目する。

「なにかしら?
……なんか今、私のとてもとてもとーっても大切な人がエマージェンシーな予感がするわ」

「パームたちか?」

「ん~、わからないわ。宇宙のどこかにいる私のスイートダーリンよ。ちょっと失礼して、祈らせてもらうわ」
71 そう言うと、光邦は冷たい石の床に膝をつき、手を合わせた。

「🍀はやく良くなりますように。そして、ゆっくりと体を休めてくださいね🍀」

何事かわからないが、光邦の真剣な様子に打たれたムトたちも、一緒になって祈った。

「ベホマ、ベホマラー、ベホマズン」
「キアリー、キアリク、ザオリク」
「うが、うがー、うがうが」

宇宙のどこかにいるはずの、光邦のスイートダーリンの体力が回復した。

「そういえば、カマ勇者はどうやって回復するんだ? 見たとこ、丈夫そうだけど」

再び、歩きだしたムトが質問した。

「あら、私のこと気にしてくれるの? だけど、あなたは女だから無理なのよ。私が求めるのは……」

光邦は意味深に、テヘペロを見つめた。

「う!」

恐怖を感じたテヘペロが、お尻に手を当てたその時、目の前に4匹のスライムが現れた!

スライムたちは次々に仲間を呼んだ。

「すげー、いっぱい出てきた」

ピコピコくるるんと動くスライムたちは、転がりすぎて目を回したりしながらも中央に集まり……

な…なんと、スライムたちが……!?
どんどん合体していく!

なんと、キングスライムになってしまった!
72 ぽよーんとした表情のキングスライムは、ぷくーっとふくれあがって、光邦にのしかかろうとした。

「んまあ、とっても可愛いじゃないのっ!」

キングスライムを一目で気に入った光邦は、そのままキングを抱きしめる。

「ピギッ!?」

ムトたちがあっけに取られて見守るなか、次第にキングスライムの悲鳴は激しくなっていく。

「ピギッピギーッ」

♪テレレッテッテッテー

「ピギッピギッピギィーーッ!」

絶叫を残してキングスライムは倒れた。

「……ふうっ、みなぎったわ」

心なしか、光邦のお肌はさっきよりもツヤツヤピチピチに見える。

「い、今、何が起こった?」

「テヘペロ、大丈夫ぅ?」

「うがうがうがうが(あいつヤバい、あいつヤバい)」

うろたえるムトたちの前で、平然と衣服を整えた光邦は、颯爽と歩きはじめた。

「さ、行きましょ。あ、この携帯タイマー、もうやめておきましょ。雰囲気だいなしだもの」

そんなことを言いながら携帯を操作し、うふふと笑った。

城の入り口に戻った一行は、次は右の暗い道を行くことにした。

窓のない狭い通路のその奥には、ひとつの小さな部屋につながっていた。
73 ムトはその部屋を、恐る恐る覗いてみた。

中には一台のテーブルとガラス飛びがあり、中央には、カメラのようなものが。

「なんの部屋だ?」

すると奥から黒い帽子にマスク姿の男性が、ひょこっとあらわれ、カメラの前に座った。

ムトは、その場を離れた。

「やめよう。悪質なYou Tubeの宣伝だ。さっきのやつ、おそらくヤスとヒロがトップに躍り出たから焦ってやがる」

「あれは?」と光邦が、反対側にある部屋を示した。

レミファが、小走りで向かい、灯りが漏れるところから覗いてみた。

中には、石で囲まれた部屋に、三角木馬に全裸で座らされた王様がいた。

レミファは、急いでムトの元へ駆け寄る。

「たたたた大変! いた、王様がいた」

「なに! 王様は無事か」

「ん〜、だと思う」

「どんな感じだった? モンスターは?」

「いや、なんか、裸で……」

「裸?」すぐに食いついたのは光邦だ。

「ダメだ! テヘペロ、あのオカマを捕まえとけ!」とムトは言うが、テヘペロは嫌がって手を出せない。

「やつを止めないと、王様の尻がやつに破壊されてしまう。止めなければ」

ムトは光邦を追いかけた。
74
「裸、裸、裸ぁ〜♪裸を舐めるとぉ〜♪」 

光邦は、某有名な魚の歌を替歌しながら、三角に乗せられている裸の王様の元へ、スキップで向かう。

それを止めるべく、急いで追いかけるムト達。だが、

「クソっ、あのカマ野郎っ! スキップのクセに、何て速さだ!」

高速スキップの光邦に間に合わず、部屋への侵入を阻止できなかった。

その瞬間、

「あんぎゃあーーーーっ!!」

誰かの悲鳴が、通路中に響いて聞こえてきた。

TOPTOPへ