うらゆうかさんのプロフィール

[会員番号] 616399
[作品数] 6
[ファン] 12
[性別]
[年齢] 非公開
[地域] 非公開

[自己紹介]


~俊光と菜子のホントはどうでもいい番外編・4~

【第二部にて。花火大会に行った時、ナンパ野郎(通称・チャラ男)から菜子を助けたあとの話の番外編】

 チャラ男から救出してくれた俊光君に手を引かれながら、色とりどりに打ち上げられていく花火を眺めていた。

 これって、ホントの彼女みたーい!

 このあと、明里&智樹さんと合流するけど、もっとゆっくり向かえば……

 私は俊光君と、明里は智樹さんと、長く彼氏彼女みたいでいられる。それってまさに、一石二鳥ってヤツじゃん!

 よーし! 私、時間稼ぎしちゃうよ!

「ねぇねぇ俊光君、焼きそば食べたい!」
「はいはい、焼きそばな」

「ねぇねぇ俊光君、クレープも!」
「はいはい、クレープな」

「ねぇねぇ俊光君、金魚すくいと射撃と輪投げもしよー!」
「お前なぁ、花火そっちのけかよ?」
「いいじゃん、遊びたいのーっ」
「ははっ。わかったよ」

 そうこうしているうちに、私は徐々に本来の任務(?)を忘れていっちゃって、本格的にお祭り楽しむモードに入っちゃっていた。

 結果――

「……智樹、明里ちゃん。お待たせ」

「おう、俊光……って、どうしたんだよ。菜子ちゃんをおぶったりして。まさか、誰かに何かされたのか!?」

「いやいや。コイツさぁ、こっちに向かいながら出店に寄りまくって。したら、途中で遊び疲れて寝ちゃったんだよ」

「もー菜子ったら。せっかく一緒にキレイな浴衣を着たのに、子供みたいなことしてー」

 最後まで俊光君の彼女になりきれずに、手のかかる妹でエンドしちゃったという。

「んふふ……俊光くーん……ムニャムニャ」

 でも私……幸せー。

―おわり―

 血の繋がらない兄妹のラブストーリー
『俊光と菜子のホントの関係』ほのぼの連載中♪
(´Д`)イツモ アリガトウ デス
      *********

―うらゆうか―
このサイトの読者でもあり、
隅でひっそりと作家もしている女(笑)。
胸キュン&笑えるストーリーが好きです♪

第三回コンテスト。二作品参加中です!
応援していただき、ありがとうございます!

※他の小説サイトでも違う作品を載せてますが、
そのサイトでの作品のイメージを守るため、
ペンネームを変えてます。

※もしコメント等をいただきましたら、
メッセージでお返し致します♪

NEW作者ニュース

読者リクエスト

この作者からのリクエストはまだありません

作品一覧全6作品

アンケート

TOPTOPへ