DJ・AD-2222さんの作者ニュース

不満ゲーム①「地球防衛軍アイアンレイン」

2019年4月11日に発売した地球防衛軍の外伝的なゲーム、自分で言うのも恥ずかしいですがゲームが大好きなんですけれども、地球防衛軍4、4‚1、5までプレイして今回も神ゲーだろうなって期待しつつ、ヤマダ電機で新品7000円を購入した、パッケージの裏を見たらなんか嫌な予感がしていた。



家に買えってさっそくプレイした、動画の映像解析がなんか違和感を感じた・・・・そうこれはまるでサンダバードような絵柄であった!まぁまぁ動画に関してはまあ良いとしてゲームシステムがよければいいやって思っていたが・・・・



もうなんで動きがモッサリしてんだよ!ダッシュ?これはダッシュではない、はや歩きだ!移動が気に入らない、それじゃローリングすれば?そう考えたがまさかの制限付、つまり5回、回避したら回復するまで回避出来ない!さらに敵にやられて転んだら無敵時間とかあるじゃない?これはない!つまりダウン状態で酸を浴びたら死ぬ!ふざけんな!


他にも今のでシリーズはオフラインで強力な武器を手に入れたらそのまま使用出来ていましたが、なんとまさかのマネー制度になりました!つまり、ランクAの武器を使用するにはゲーム内で貯めたお金で解除しよう!まぁ焦らずコツコツ貯めればそのうち買えるだろう・・・・しかしその解除金額・・・・なんと50万!?しかもジェム各種800個!?


一回のミッションで貰えるのが5千~1万~、だったら難易度あげて稼げば?いやいや武器を強くしたいのにお金掛かるし、難易度ノーマルで敵硬い強い!6人マルチで全滅する威力、ああもうふざけんな!


さらにプレーヤーのやる気を削ぐシステムを誕生させた!それはアイテムやビーグルや死亡時の制限数である、体力減ったので回復します!それだけでクリア時の報酬下がる、ビーグル呼びます!ビーグル1台5000、基本報酬が全部吹き飛びます、制限付の武器をゲット(笑)、仲間が死にます、蘇生させる時にお金掛かる、はい?4回誰かが死ぬとゲームオーバー、気軽に死ねないね!フフッ



まとめ
ラスボスの姿、もう地球防衛軍ではない、バイオハザードとロストプラネット3を組み合わせた巨大な幼虫、これがラスボス?訳分からん!他にもまだまだあるがこの辺にしておく!絶望とはこう言う事だったのか・・・・



TOPTOPへ