戦場でのエッチは死者への冒涜

連載中

[作品説明]

時は2012年大阪府高槻市
高槻市長は2012年より高槻をより良い市にするため
異国人天人(あまんと)を高槻に住まわせる。
だが、天人達は高槻住民を脅し金をせびる様になる。
高槻住民は遂に天人と戦う事を決意した。
そこにわずか16歳の少年白夜叉と14歳の神楽が天人に立ち向かう。
だがお互いに惹かれ遂には死骸だらけの戦場で初エッチ


レビュ・ーファン大歓迎です(*^o^*)

設定
白夜叉十六歳
家族構成父親(白夜叉が産まれた日に死亡)母(12歳の頃に事故に遭い死亡)兄(行方不明)姉(海外出張)
父親は宇宙最強残虐戦闘民族夜叉で有り母はごく普通の一般人の間に産まれた夜叉族の白夜叉幼い頃から力が強くよく加減を知らずに相手を殺してしまう事がありその度に悔やんで居た。

夜叉族
夜叉族は余り強くない。
だか後ろに夜叉が付く夜叉族は宇宙最強の強さと残虐さを誇る。
あと後ろに夜叉が付く夜叉族は異常に脚力が強く岩を蹴り砕く程である。


神楽十四歳
家族構成
父(エイリアンハンターで宇宙を旅している)兄(行方不明?)母(神楽が幼い頃に病死)
宇宙最強を誇る絶滅寸前の夜兎族の生き残り。
大喰らいで
凄く毒舌で今まで多くの人物を傷つけて来た。
ただし白夜叉の事は「白夜叉さん」と呼び尊敬している。
他にも
坂田銀時の事は「銀ちゃん」と呼び、暴言を吐いたり、して居る。


夜兎族
宇宙最強の強さを誇る夜兎族。戦闘能力が凄く強く、残虐な攻撃をし、戦う事を好む。
神楽は命を奪う行為に凄く機嫌感を持ち、たとえ敵が攻撃して来た時でも相手を殺さないように加減をしている。


※白夜叉は銀魂の白夜叉とは全く関係ありません。

[タグ]

白夜叉×神楽】 【恋愛】 【銀魂

[レビュー]

  • [評価] ★★★★★

    非表示中

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ