華は儚く美しく

連載中

[作品説明]

 戦国時代、桜という少女がいた。彼女はこう言われていた。

“蝶々のように色鮮やかに美しく戦場で舞う女”

 彼女を拾った織田信長。彼女が愛した男、明智光秀。彼女を愛した男。

 これは、彼女と彼女を取り巻く男たちの物語。


※史実と違うオリジナルストーリーが加わっています。ご了承の上、読み進め下さい。

[タグ]

戦国】 【短編集】 【恋愛

[レビュー]

    この作品のレビューはまだありません。

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ