貞勧

連載中

[作品説明]

幕末、黒船が日本にやってきて、日本は長い鎖国から開国へ。

そして初代駐日総領事ハリスが日米通商条約締結のため下田の玉泉時に領事館を置いた。

このことは、下田の海を愛し、好きな人とずっと下田の海を見て幸せに暮らすことを夢見る少女お吉の運命を大きく狂わせる。

お国のためと恋人と別れさせられ、ハリスの侍女として使えることになったお吉。

当時の人々は異国の人を鬼畜だと思っていたため、異人の女になったお吉を唐人と罵り忌み嫌った。

そんな目に遭いながらも最期まで下田の街と海を愛して死んでいったお吉の悲劇、そして愛を伝えよう。

[タグ]

風鈴】 【】 【迷子

[レビュー]

  • [評価] ★★★★★

    非表示中

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ