俺からの愛を感じて【気象系BL】

連載中

[作品説明]

三つ目の新作です。

去年くらいから 浮かんでいた作品で
どのサイトでも 書いていないものです。


★BL
★ノンリアル設定
★オメガバース設定
★山コンビ 青王子受け
★末ズ 黄王子受け

と なっております。

この作品は 週1回のみ 更新しますが
続きが 浮かんだら 書きます。

レビューする際は 必ず
ネタバレしてから
お願い致します。m(__)m
『オメガバース』とは、男女のほかにα(アルファ)、β(ベータ)、Ω(オメガ)の3つの性があり、αの男女、βの男女、Ωの男女という、計6種類の性別を持った人々が存在する特殊な世界観と、それを題材にした作品群のことを指します。
ざっくりと、人口の10%~20%しかいないエリート層がα、人口の大多数を占める一般人のβ、αよりも希少なΩ、という階層になっています。
このうち、αの男女間、βの男女間では女性のみが妊娠しますが、Ωの場合、男女ともに妊娠可能である、という設定が多い。つまり、αの女性とΩの男性が性行為を行った場合、妊娠するのはΩの男性ということです。
なぜ男も妊娠できるようになるかというと、Ω性の人には周期的に”発情期”が訪れ、両性具有のような状態になるからです。しかも、発情中のΩは、αやβを惹き付ける強いフェロモンを発し、男性でも“濡れる”というわけです
そもそも「オメガバース」は北米の二次創作ファンが考えたものと言われているが、明確な発案者は定かではない。ファンの間で共有され、発展していった設定が日本にも伝わり、おもにBL漫画や小説の題材として広く好まれるようになっていった。(参考:『発情・妊娠・身分差だけじゃない!! 日本で進化中の「オメガバース」を徹底解析』)
もともとは、狼の群れに実際に存在する階級意識を参考にしたという説もある。そのためか、「オメガバース」の世界では、「番(つがい)」という設定がとくに重視される。
『番』とは、αとΩの間だけに発生する関係です。いわゆる『運命の相手』のような存在で、恋人や夫婦といった関係よりも強いものとされています
男も妊娠可能で、抗いがたい社会階層が存在し、どこかにいる「運命の番」に出会う――なんとも都合のよい設定と思われるかもしれない。しかし、この「オメガバース」、日本で「ガラパゴス的進化」を遂げているというのだ。
「一部wikipediaより引用」




[タグ]

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ