mimiさんのプロフィール

[会員番号] 573837
[作品数] 8
[ファン] 208
[性別]
[年齢] 非公開
[地域] 非公開

[自己紹介]

はじめまして(*‘◇‘*)♡

こちらでお世話になって早3年…

嵐とたまにJUMPに癒しを求める嵐と大体同世代、mimiです。

A担でにのあい担、読むのも書くのももっぱらAN。

たまにOSMも書くけど固定なし、あくまでANメインです。

お話はそこらじゅうがラブ&ピースなにのあい同様ラブ&ピースなものばかり♡

こちらでのお話の更新は2016年5月で一度終了しましたが、2016年8月のにのあい20周年記念日より再開しました!

細々と妄想を綴ってます♡


2018.05.03

ーーー
◆ひとりごと◆

怒涛の1月が終わった…
数ヶ月ぶりにMr.〜更新中←

2019.02
ーーー


あぁ、なるほど…

そういうことか。

自分の姿なんてそんなに意識して生きてこなかったけど、あの人と俺とじゃ姿形が全然違うのか。

「考えたことなかった…」

そう呟いた俺に「嘘だろ?」やら「マジか?」って言っている二人はいつから気づいていたんだろう。

…ってそんなの問い詰めるまでもないや。

「で、どうする?もちろん訓練受けるよな、本気なんだから」

明らかにニヤついている翔ちゃんにはしてやられた。

あそこまで言ったんだから当然断らないよな?って顔してんだもん。

さっきの二人の無駄なやりとりだってこうなることを予想しての行動だとしたら、大野さんに乗せられたってのが一番悔しい。

くっそ…

こうなったら…

「訓練したら絶対あの人と仲良くなれんの?」

「なれるだろ、少なくとも今よりは」

「そんなの言い切れないじゃん。どうする?人間になった俺が超気持ち悪いやつだったら」

戸惑った二人の「え?」って声がハモった。

パチパチと瞬きする二人を内心鼻で笑いつつその後も続ける。

「誰も見たことないじゃん、俺の人間の姿。どーすんの?何の生き甲斐もありませんみたいな幸薄そうな顔だったら」

あそこで今にも酔い潰れそうな男みたいに。

一方間違えたら事件の容疑者にでもなりそうな顔してんじゃん。

あんなのだったらほんと最悪。

「いや、そんなの…分かんないよ。ね、ねぇ?」

「お、おう…」

って二人とも吃り始めたのは、人間の姿はこれまでの行いによって左右されるって噂を知ってるからでしょ?

俺が翔ちゃんや潤くんみたいな所謂イケメンになれる可能性低すぎるもん。


0211

作者ニュース

読者リクエスト

この作者からのリクエストはまだありません

作品一覧全8作品

  • mimi's voice 連載中

    ひとりごと
  • Mr. Lonely 連載中

    AN、同窓会で再会した2人の話
  • Sync 連載中

    AMNOS+α短編集

アンケート

まだアンケートはありません
TOPTOPへ