ペンを置いた日

完結

[作品説明]

今年三十歳になろうかという年の、八月六日--
男の前に、一人の少女が現れました。

[タグ]

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ