くるみの初恋、高校教師。

完結

[作品説明]

【登場人物】
望月くるみ(16)
小さい頃から両親が忙しく、お手伝いさんに育てられてきたが、高校入学と同時に一人暮らしをはじめる。誰もが目を惹くほど可愛い容姿だが、引っ込み思案で友達も少ない。

一ノ瀬涼介(30)
くるみの担任で理科の教師。
大学時代、くるみの母の元で研究していた縁で、望月家とは学生時代から親交がある。

望月拓也(43)
くるみの父。大型客船の操縦士で、世界中を船でまわっており、日本に帰ってくるのは年に数日しかない。

望月綾子(享年34)
くるみの母。天文学者だったが、くるみが小学生の時に事故で亡くなる。くるみの担任、一ノ瀬涼介は綾子の一番弟子。


【あらすじ】
忙しい両親に代わり、お手伝いさんに育てられてきた望月くるみ(もちづきくるみ)。
一人娘で大切に育てられたお嬢様だが、ひとりでも強く生きていけるようになって欲しいという父の意向で、高校入学と同時に一人暮らしをすることに。

ドキドキしながら迎えた高校初日。
担任の先生は背が高くてイケメンで、女子はみんな大喜び。
おとなしい性格で、男性に興味のないくるみには、先生なんて眼中にもないはずだったが…

[タグ]

教師】 【高校生】 【処女

[レビュー]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ