魔法の玉

連載中

[作品説明]


「あのな。父ちゃんは実は……
『魔法の玉』を作っているんだ」

「ええっ、何それ!?」


 花火師の父親の想いを引き継いだ息子は、

 今年も夏祭りで

『魔法の玉』という名の花火を打ち上げ、

 多くの人の感情を一気に引き出す。



※このサイトの作家・さちこさんが立ち上げた掲示板『みんなで掌編小説を投稿してみよう!』で参加した作品『魔法の玉』を引き出して、同じく作家の斗夢蒼也さんが企画したお題小説として、一つの短編作品にしてみました!

 見切り発車で公開した『魔法の玉』。以後も、いきあたりばったりで執筆するオムニバスストーリーなので、上手く出来るかどうかですが、楽しく参加したいと思います♪

 あと、この物語はフィクションです。


訂正→花火『職人』から、花火『師』に直しました。

プロフにて、作品に関しての報告や裏話等を、一人でブツブツブツブツ呟いていることがあります(←だから怖いって)
こちらです↓
https://otona-novel.jp/viewuser/index/616399/?guid=ON

[タグ]

[レビュー]

  • [評価] ★★★★★

    非表示中

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ