恋いろ神代記~縁離の天孫と神結の巫女~

連載中

[作品説明]

~エンリのテンソンとカミムスビのミコ~

別サイト様にて掲載・完結したもの(現在は非公開)に大幅加筆・修正を加えたものです。

姉妹サイト「大人のケータイ官能小説」様にて同時掲載中。
http://kanno-novel.jp/viewstory/index/12142/?guid=ON

本編は第2章から。

・*・*・*・

ある夏の日、一人の少女が消えた。
それを見ていた唯一の男は自ら命を絶ち、以来少女の行方はしれなかった。

消えた少女が辿り着いたのは、世界自体が半人半神のような不思議な国、道俣淡島(ちまたあわしま)。

そこは神々が住まう高天原(たかまのはら)と、人間が暮らす豊葦原(とよあしはら)の狭間にある、神とも人ともつかぬ人々が生きる世界。

そこで少女が出会ったのは、美しくも近寄りがたい一人の男神と、ただひたすら献身的に仕えてくれる一人の従者だった。

やがて神々に仕える巫女となった少女は、この世界を創った原初の女神の啓示を受け淡島の名も無き神々と心を通わせていく。

そんな少女に、ある思惑を持ち近付いてくる神々。彼らは少女を処女のまま抱き、その刻印を身に残す。


喜びも幸せも、怒りも憎しみも。あらゆる想いを寄せ、或いは寄せられて、少女は少しずつ成熟していく。

神代×現代。新古代和風ファンタジー。

☆感謝☆
姉妹サイト様ピックアップ
2017/4/26
2017/7/26
ありがとうございます!

[タグ]

[レビュー]

[この作者のほかの作品]

ストーリーメニュー

TOPTOPへ